中央区議会議員 高橋まきこ 中央区の子育て&教育2022

2022年の意気込みを今年最初のブログにしたいと思います。高橋まきこが立候補した初心5つの政策です。1期目も残すところ1年余り、悔いない時間にできるように力を尽くします。2021年のブログ、うれしかった実現を振り返りながらお伝えします。

 

1)保育園待機児童ゼロ
提案してきた1歳児から月島地区への認可保育園新設が順調に進み、4月には厚労省カウントによる数字上は待機児童ゼロを達成する見込みです。これからは、園の情報提供や質の向上など、マッチングと満足を高められるように提案と改善要望を続けていきます。

中央区の保育園申込減少 待機児童解消へ

 

2)一時保育のweb予約
議員になって1年で勝どきの「オンライン整理券配布が実現」で停滞。それならばと要望した「ベビーシッター」が昨年導入になりました。今年は、べビシの対象を未就学児全体に拡大することを引き続き要望します。病児病後児保育と合わせて、予約キャンセルがオンラインで実現するように提案要望も加速させます。国が示すデジタル化の方向性からも、子育て支援へのDX導入は必要不可欠!

ベビーシッター拡大と一時預かり保育web予約の要望

 

3)区立幼稚園の見直し
区立幼稚園は晴海を除いた全園で定員割れとなった一方で、幼保連携型の阪本こども園の人気は顕著で、京橋や晴海こども園も抽選となる人気が続いています。晴海4丁目の新しいこども園も待望。区立園、こども園や保育園と、それぞれが機能を発揮できるように提案していきます。みなさまのご希望もぜひお聞かせください。

京橋、晴海、阪本こども園と幼稚園の申込状況

 

4)命と育ちが最優先の地域コミュニティ
マスク生活が長期化する中で、子どもたちの言葉や表情といった成長の遅れなど、影響は確実に出ています。人のつながりを温め、ひとり一人の心に寄り添える区政であるように、中央区で動いてくださっているみなさまを、今年も全力で応援します!こちらは youtube高橋まきこチャンネル でお伝えしています。

 

 

5)小学生の放課後環境の改善
学童クラブの待機児童が膨大、小学校の居場所プレディは就労証明がないと利用できないという「頼りになる居場所が機能不十分」な状態が続いています。プレディが利用できるしくみづくりや、民間との連携などの働きかけを続けます。

中央区 育休中は学童に申込不可、プレディは利用対象外

 

 

<<< 2021年うれしい実現 >>>
子育てワンストップ窓口が明石町に令和6年度オープン

ベビーシッター利用支援導入!

学童クラブのお弁当発注は年間通して利用制限なしに

この他にも、保育園申込の在宅ワーク同点、就労証明押印廃止、プレディ利用票の押印廃止など、様々な実現がありました。みなさまのおかげです。

 

<<< 奮闘中!>>>

●11月の区議会一般質問「学校×DX」
学校との連絡相談のデジタル化、オンライン授業参加を出席と認めてほしいといった要望を伝えながら「コミュニティスクール」の導入を求めました。
https://makikot-chuo.com/2021/11/24/renrakudegi/
https://makikot-chuo.com/2021/11/23/gigaonlineplan/
https://makikot-chuo.com/2021/11/21/commusch/

 

●病児病後児保育 がインターネットで予約できたら

病児病後児保育がインターネットで予約できたら

中央区のママインターンが中心になってアンケート実施中!ぜひご協力を

 

===おわりに===
中央区のママや大学生が「議員インターン」として一緒に活動を続けてくれています。新メンバーも加わり、チーム一丸となって、みなさまの子育てや教育に安心が届けられるように取り組みを続けます!仲間はいつでも募集しています。何かやってみたいという方はメッセージをください

 

今年はフェムテック、子どもの性被害防止や児童虐待、妊娠出産支援など、もっともっと取り組みたいと思っています。ひとりではたどり着けません。どうか、よろしくお願いします!

 

●高橋まきこさくらさく通信(メルマガ&区政レポート)をお届けしています●

メルマガ配信希望の方はコチラにてサポーター登録をお願いします。