TOKYOスマートスクールプロジェクト 東京都の教育

令和3年度東京都予算案が公開されています。これがわかりやすかった→まるわかりブック

今回は教育分野について、私が注目した項目を★、新規をNEWでお伝えします。

★TOKYOスマートスクールプロジェクト
Society5.0を見据えて教員の経験知(本文ママ)とテクノロジーをベストミックスし、子ども達の力を最大限に伸ばすためのトータルツールとして、教育のデジタル化を強力に推進

【NEW】
・AI教材活用による個別最適化された学びの実現
・小学校教科担任制等推進事業→中学校への円滑な接続を目指し、推進校で実施
・スクールサポートスタッフ(学校生活支援型)モデル事業→教員の補助

 

 

特別支援教育について

【NEW】
・小中学校への支援→発達障害のある児童生徒を在籍学級で直接サポートする支援員の配置を促進
・障害児の放課後等支援事業→放課後等デイサービス事業者と連携し、専門職の配置や送迎支援等を行う区市町村を支援など

 

TOKYOスマートスクールプロジェクトでは、学び方改革、教え方改革、働き方改革、Society5.0に向けた指導法の確立が柱とされていますが、区の教育(小中学校)において、どの程度進むのか、中央区が東京都の目指す教育をどこまで推進していくのか。引き続き区の予算、事業等にて確認を続けます。