児童館に行ったことがありますか?妊婦も中高生も

中央区議会、高橋まきこの一般質問レポートvol.4、今回は児童館について。質問全体を通してのテーマが「みんなの居場所」

児童館は厚生労働省による「児童館ガイドライン」で決められ「18歳以下の児童」を対象とした、みんなの居場所です。高橋まきこが居場所機能として改善を要望したい、以下の質問をしました。

 

【Q】妊婦もwelcome!みんな知ってる?

→保健所で知らせ、交流機会の充実に努める

べビシやファミサポでの保育場所としても、赤ちゃん天国の活用が広まっており、
妊娠中からその場をみておきたいという方は多くいます。
私は児童館での妊婦向け定期イベントの開催を要望しました。

 

【Q】乳幼児クラブが密だよね?

→部屋の分割、2グループに分けるなど、安全に配慮工夫する

 

【Q】中高生の魅力ある居場所になってる?

→20時まで開館している。「FRIENDS」を発行して周知している。

区立区営の3つの児童館は17時までの開館で「小学生対象」とのことで、中高生の利用がわずか。(詳しくは コチラ )私は全館18時までの開館(せめて)と中高生にとっても魅力ある居場所になるように要望しています。世田谷区の若者の居場所、ステキでした↓最下部にリンクおきます。

 

【Q】佃と勝どきに「あかちゃん天国」は設置しないの?

→中高生対応を重視しているから設置しない

 

みなさまの「そうそう」や「知らなかった」など、感想いただけたら参考になります。妊婦も、育休中のパパママも、どんな年代の子ども達も、みんなにとって居心地の良いサードプレイスとなるよう、児童館の魅力アップに期待しています!

よかったら、お気持ちや疑問、お子様の環境についてなど、お聞かせください。( お申込みフォーム

 

ご意見やご要望などは

高橋まきこへのお問い合わせフォームや各種SNSのメッセージからも承っています。

中央区民のみなさまはぜひ 高橋まきこLINEオフィシャルアカウント から、直接感想をメッセージでお届けください。

★★★★★★★

中央区「区長への手紙」へ伝えて直接返答を求めることができます。高橋まきこはホームページ公開後に全て拝見しています。共感したものを議会でも取り上げています。

 

世田谷「アップス」若者の居場所 視察レポート