インクルーシブ公園とプレイパークの導入は?

このカバー写真、そろそろ見飽きてきましたね、笑。まだ続きます、中央区議会一般質問のレポートvol.5、もっと魅力あふれる「みんなの居場所」となるために、公園について質問をしました。

【Q】インクルーシブ公園やその機能をもつ遊具の導入は?

→バリアフリーに取り組んできた。更なる充実に努める

 

【Q】プレイパーク導入への考えは?リーダーやプレイワーカーの配置など

→主体性と社会性を育む場となる。実現性を研究していく

 

【Q】児童遊園の受動喫煙はどう改善する?

→警察との合同パトロール強化、民間喫煙所整備の取り組みを継続する

 

私は、品川区に導入された インクルーシブ公園 や豊島区のプレイパークなどを視察してきました。他区でプレイリーダーとして活動されている民間団体からも、詳しくお話を聞いてきました。確かにある子ども達や保護者の声、ニーズがはっきりとわかりました。そして、障がいがあったり、学校生活で自分らしく過ごせなかったり、見守ってくれる大人とのさり気ないやりとりを期待していたり、それぞれの思いをもって、公園を楽しみにやってくる子ども達を見てきました。

中央区で「公園に行きたいと思わない」という子ども達にも、どこか一か所でも、楽しみに行きたくなる、そんな公園が必要だと思っています。コロナの影響で人数制限がされたり、交流機会が限られたりしているからこそ、公園に居場所や交流を求めます。

===

そんな中、みなさまから寄せられた「じゃぶじゃぶ池」への苦情。また悲しい気持ちになりました。大人はマスク、子どもの水遊び用紙パンツも許されませんでした。制限の連続。保護者と子どもは地域でどう過ごしたらよいのでしょうか。この件は、また明日にお伝えします。

 

【どんな質問だったの?ダイジェストyoutube】アーカイブ視聴のお申込みは受付継続中です。( お申込みフォーム

 

ご意見やご要望などは

高橋まきこへのお問い合わせフォームや各種SNSのメッセージからも承っています。

中央区民のみなさまはぜひ 高橋まきこLINEオフィシャルアカウント から、直接感想をメッセージでお届けください。

★★★★★★★

中央区「区長への手紙」へ伝えて直接返答を求めることができます。高橋まきこはホームページ公開後に全て拝見しています。共感したものを議会でも取り上げています。

 

品川インクルーシブ公園を視察