晴海レアルマドリードスクール視察 地域の居場所

晴海4丁目にあるレアルマドリードフットボールスクールさんを視察訪問させていただきました。
中央区議会の所属会派「かがやき中央」の議員にて、ぜひ視察をとお声かけいただいて実現しました。子どもたちの放課後の居場所や、地域の集いの場に興味がある!という方はぜひお読みください。

【infomation】中央区学童クラブの来年度利用お申込みは2022年1月14日まで!

 

こちらにあるように
「単なるサッカースクールやレンタルフットサルコートの付帯施設としてだけではなく、子供たちの総合的な成長のために、放課後に滞在可能な自習室を併設します。そして、サッカースクールに通うお子様がいらっしゃらなくても、地域の皆様が集まり、笑顔になれる場所を目指しています。」ということで、地域の居場所、集いの場となるようにという思いを聞かせていただき、私たち会派の議員4人も、共にできることを考える機会となりました。

 

〇学習スペース
未就学や低学年、中高生、大人の待機&コワーキングスペースと多彩なレイアウトのお部屋が充実していました。私も近所だったら、コワーキングに利用したい!

〇図書スペース
オープンで明るく、練習しているコートが見えるスペースが魅力的。本の対象年齢も幅広く、サッカーやスペインの魅力も伝わります。私も上の子の習い事待ちに、下の子が飽きるという経験は数知れず、こんなところで一緒に待てたら続けられたかも、と思いました。

〇デンタルスペース
サッカーも学習も頑張ったその上の力を発揮するためには、歯が大事!ということで、歯磨き、歯のトリートメント用の個室が用意されています。

〇キッチンカー&牛乳食パン
時間を過ごせばおなかも空きます。お食事だけやパンを買うだけの利用も大歓迎とのことでした。ミルクの風味豊かなソフトクリームもオススメ!

【もっと写真を見たい!という方はコチラ

 

「イベントも含め、地域のみなさまに利用していただいてこその価値だ」というお言葉に強く共感すると共に「放課後の居場所」に大きな課題を抱えている中央区が「民間との連携」と言うところは、こういったありがたい民間のお申し出によるところも大きいのではないかと思いました。場所がないと学童クラブの密度を上げる(現在定員120%の登録制)前に、オープンスペースやサポートスタッフに協力していただける方はいますか?と声かけするオープンな関係性を地域のみなさまと築いていけたらと思っています。

視察のご提案、ご案内の協力をくださいましたみなさま、貴重な機会をありがとうございました!

 

 

高橋まきこは
地域と共に子どもたちの学びを考え協働する「コミュニティスクールの導入」を求めています!ぜひ合わせてお読みください。