中央区のコロナワクチン接種

中央区議会、コロナ対策特別委員会にて質疑応答があり、傍聴しましたので、聞き取った内容をお伝えします。
本日も、安定の区議会控室にて、スピーカー傍聴です。

※中央区新型コロナワクチン接種特設サイト

 

「新型コロナワクチン接種券事前申請のご案内」がお手元に届いた区民のみなさまから
「何?接種券じゃないの?無駄だよね」
といった落胆の声が多く寄せられてきました。本日の質疑からは確認できませんでしたが、こちらも国庫(国の予算)で賄う範囲なのでしょうか。

中央区は目的を以下に説明しています。

<事前申請のご案内、目的と経緯>
・16歳〜59歳の全区民を対象に、個別送付した
・本人の任意接種であるため、世帯ではなく個人送付をした
・目的は正確に確実に伝え、公平性を担保するため
・疾患状況を把握してないことから自己申告をお願いした

 

 

<中央区民のワクチン接種はどこまで進んでいるのか>
・65歳以上は1回目を接種済の方が60%を越えている。

・高齢者以外の接種券送付は7月中旬以降の発送予定だったが、国の指示を受けて、早めるよう調整中。

<ワクチンロスへの備え>
・個別接種におけるワクチンロスへの対応はどうしているのか?
→余りがあれば待機者に連絡する。その際は優先順位に関わらない。接種券がなくても接種を受けられる。

 

私は中央区の集団接種会場の近くに住んでいるため、近所の方々から
「聖路加病院本院から歩いている高齢者がかわいそう」(集団接種会場が離れているため)
「道案内はいないのか、看板は立てないのか」
「入口前にたくさんの高齢者がいて、熱中症が心配だ」
など、温かいお問い合わせがありました。

学区の小学生からも「なんとかしてあげてほしい」と要望を聞いてきました。

 

一時期よりも道を尋ねる方や入口付近に集まっている人数も減少しているように見受けられますが、またみなさまが
お気付きの際はお知らせください。

高橋まきこへのお問い合わせフォームや各種SNSのメッセージからも承っています。

★★★★★★★

中央区「区長への手紙」へ伝えて直接返答を求めることができます。高橋まきこはホームページ公開後に全て拝見しています。共感したものを議会でも取り上げています。