凸凹カフェは勝どきデイルームで開催しています

凸凹カフェは「発達でこぼこ」があるためにサポートを必要としているお子様の保護者同士のお話し会です。
保護者数名で運営を担っているコミュニティサークル活動です。(中央区の事業ではありません)
勝どきデイルーム(区民館)を拠点に、月に1回程度、不定期開催しています。

悩みを話し合うのですが、明るく、笑顔があふれる会です。
中央区にお住いの保護者の方で「参加してみたい」という方は、おつなぎしますので、私宛でもお気軽にご連絡ください。(お問い合わせフォームや各種SNSなど)

特別支援学校と学級はどう違うの?

ゆりのきはどうしたら利用できるの?

受給者証は必要なの?

民間療育は何が違うの?

など、お子様の特徴と向き合う中で、戸惑うことはたくさんあると言います。

支援や制度、その先がどうなっているのか、
みなさまの声に教わることがとても多く、感謝しながら参加させていただいています。

今日は受給者証と移動支援をテーマに、それぞれの思いを話しました。
移動支援に就労証明が必要ということに、みなさまの日々の生活において、正直ハードルが高いなと感じました。

どんな支援が必要なのかは、当事者のみなさまにお聞きしたいと、いつも思っています。

今日も、ありがとうございました!