コロナウイルス対策要望書を提出しました

第1回議会定例会の開始と共に、コロナウイルス対策について、国が大きく動き始めました。中央区議会は予定通り、滞りなく定例会を進行してきました。私は去る3月4日に、個人要望書を区長宛てに提出しました。対策本部や各担当部課にて確認し、順次回答をいただくこととなっています。つきまして、こちらでは要望内容の14項目について、お伝えします。内容は概ね、私の身近な保護者からの要望を取りまとめたものになっています。既に決まっているものや、その後に国で可決されたものもありますが、変更しないために要望として列挙しました。

常時、調査結果や世論が動いている中、賛否両論ある面も理解していますし、反論もおありだと思います。それらを交わすためのひとつの方法だと思っていただけたらと思います。反論については、中央区のホームページ「区長への手紙」にて、直接「こんな意見もあるのだ」とおっしゃっていただく方法があります。併せてお伝えします。

  • 卒業式(幼稚園修了式)は卒業生と保護者参加で実施してください
  • 各学年の修了式は、学年毎に実施時間を分けるなどの方法により、少人数であることを確保した上で、実施してください
  • 子どもの感染症リスクに応じて、適切な指示をしてください
  • プレディが運営できるように区で支援してください
  • 学校等の預かりについて、現場に助言し、安心して確実に利用できる体制づくりを指導してください
  • 子どものストレスケアをしっかりと実施してください
  • 戸外活動(校庭利用等)について指針、考え方を示してください
  • 低学年の自習フォローをしてください
  • 区立中学生の学習フォローをしてください
  • 児童館を開館してください
  • 一時預かり保育の受付方法を見直してください(3月15日受付分)
  • 保育園へも登園を控えられる子どもについて、自宅保育を推奨し、少ない保育士で運営する保育園等を支援してください。
  • 障害児を自宅に1人にしないでください
  • 民間学童等に、充分な費用補助をしてください

子ども達の健やかな成長と、みなさまの心穏やかに過ごせる日々を、心から願っています。

中央区の新型コロナウイルスへの対応について

3月に向け、もうすぐ卒園や卒業と思っていた方も多いと思いますが、2月27日、国の新型コロナウイルス感染症対策本部が、全国の小学校、中学校、高等学校について春休みまでの臨時休校を要請したことに基づき、中央区も小・中学校等における臨時休校にて対応しています。
私自身も、3番目の息子が保育園卒園となるため、関連行事の調整をしていました。

中央区の対応状況をお伝えします。3月2日現在の対応にて、変更となる場合もあります。

詳細はこちらのサイトにて更新されていますので、ご参照ください。
https://www.city.chuo.lg.jp/kosodate/gakkokyouiku/rinzikyuukou.html

<区立小学校、中学校及び幼稚園の休校、休園>
・期間は3月2日から春休み終了日まで
・プレディ(小学校内の放課後の居場所)は休止
・幼稚園の預かり保育(区内3園にて実施)は休止

児童を保護できない理由がある場合は、その連絡により、登校や登園が可能です。
これは全学年児童(幼稚園含む)が対象です。
時間等は相談となっています。

※3月2日の利用実績は、小学校1~2年生を中心に、各学校、学年にて数名ずつが登校したようです。
幼稚園は各園で1名ずつなど、わずかな登園でした。

<学童保育>実施
午前9時(勤務時間等やむを得ない場合は午前8時30分)から午後6時までお預かりします。

<昼食>提供ナシ
給食等の提供は一切なし。持参する。

<卒業式(年長修了含)>
卒業生と保護者のみ出席にて開催予定

<修了式(年長除く)>
児童の登校日とする予定

<児童館>開館※学童実施場所
開館。赤ちゃん天国等、一部利用できない内容もあります。

急な決定に多数の保護者から、お悩みや困りごとをお伝えいただくこととなりました。みなさまの身近なお困りごとがございましたら、お気軽にお寄せください。
特に混乱を招いているのが、こちらの目的です↓

「新型コロナウイルスの感染を防止するための臨時休業の措置であるという趣旨を踏まえ、人の集まる場所等への外出を避け、原則、自宅で過ごすようお願いいたします。」

とても大切な共通認識だと思いますが、児童は1歩も家から出ずに1ヶ月を過ごすと、大変な体力低下とストレスを招きます。実際に私の息子が小学校1年生の夏休みに、およそ1か月間、ほとんどを自宅学習で過ごし、その体力を戻すのに半年くらいかかりました。2学期はあらゆる風邪や感染症にかかり、長期で欠席しました。運動会もマラソン大会も欠席しました。子どもの健全な成長に適度な運動は欠かせません。

※参考(1)新型インフルエンザによる閉校と発生した「子どものストレス」

適度な戸外活動の推奨など、正しく指導することとそのケアを求めます。自宅に24時間待機することでは健全に過ごすことやその成長とはなりません。子どものストレス予防の啓発に努め、新年度はそのケアをしっかりと行うよう注意するよう、行政に求めてまいります。

参考(2)WHO調査報告書「家庭内感染がほとんど」

逆に子どもの感染例は少なく、症状も比較的軽いということで、19歳未満の感染者は全体の2.4%にとどまっていて、重症化する人はごくわずかだとしています。

参考(3)日本小児科学会によるQ&A

待機児童解消のために

区議会にて担当の福祉保健委員会が行われました。私からの質問とその答弁をまとめてお伝えします。

4月からの認可保育園申込の利用調整の第1回が終わり、結果が通知されました。830人が認可保留通知を受け、乳児希望者の半数程度しか希望が叶わなかった結果となりました。新規開設を実施したけど足りなかったということで、認可保育園をつくる以外の支援について、質問をしました。

1)認可保育園開設以外の支援策は何か
「期間限定型保育」の実施(1歳児の待機児童を対象に1年間保育実施)
「居宅型保育」の定員を年間20人に拡大する(待機児童対象、4月より)
まなびの森保育園銀座にて一時預かり保育を実施
・こども園の拡大(阪本、晴海4丁目、城東)

これらはいずれも重要なので、ぜひチェックを!
一時預かり保育の拡大は心待ちにしていて、ようやく。これも期待しています。

2)東京都のベビーシッター事業導入検討について、過去の見合わせと今後の方向性は?
まずは認可への補助を優先して取り組んでいくという方向性である。今回の答弁にはありませんでしたが、確実な事業の継続性なども考慮し、見送った経緯とのこと。次年度の拡大版については、これから検討するとのことでした。

3)多胎児支援拡充
次期、中央区子ども子育て支援事業計画に盛り込まれてきたので注目していました。
中央区では具体的に「ヘルパー利用補助」を手厚くする予定とのこと。
この使い勝手については、みなさまからいろんなご意見をいただいてきました。
今後も利用した感想や手配フローなど、ご意見をお寄せください。

認可保育園の入園評価上、多胎児であることが考慮された配点項目がないが、
この改善は今のところ考えておらず、慎重な検討が必要だとの考えだそうです。

私からは、多胎児家庭の児童虐待リスクが2.5~4倍であることから、この家庭支援の必要性を訴えました。
虐待予防の観点から重要です。2人キョウダイとは違う、その負担の大きさとしっかり向き合い、支援を届けてほしいと伝えました。

中央区は区内全域で支援としていますが、都バス乗車拒否や前後ろ抱っこなどの困難な状況の中、
全域を対象に支援を求めに出かけることは、多胎児家庭にとってほぼ不可能です。
そのことも含めて、検討してほしい。

できれば母子手帳発行時など、妊婦のうちに「ツインズクラブ」などの多胎コミュニティ活動を紹介してほしかった、という意見もお伝えしたのですが、いつ、どの段階で多胎児の妊娠・出生を確認するか、が難しいようでした。

4)育ちのサポートカルテ
対象保護者の多くからご意見をいただいてきて、先日の子ども子育て会議でも意見が上がったので、質問をしました。小学校へ伝わらなかった、伝えてほしい内容と違っていた、学校の中のことは立ち入れないと言われた、などです。答弁では、小学校との連携に問題があることは承知しており、改善のために何ができるか、教員理解を深めるとか、指導を厚くするとか、対策が必要だと思っているとのことでした。引き続き注目していきます。

#中央区 #中央区議会 #福祉保健委員会 #高橋まきこ #中央区議会議員 #立憲民主党 新風会 #子育て支援

品川区視察~子育てと教育~

品川区へ視察訪問させていただきました。現場を見たい!ということで、数カ所巡りました。やはり現場の方の声は共感、理解につながり、学びが多く、中央区ではどの点が参考になるか、考えながらお話をうかがいました。

●オアシスルーム(一時預かり保育)

オアシスルームとは、主に在宅で子育てをしている保護者の方が用件(買い物・通院・リフレッシュ等)をすませる間、一時的にお子さんをお預かりする事業です。今回お願いした目的は「web(インターネット)予約」が実施されている点にあります。在住の保護者からも「本当に助かるし、幼稚園まで安心して過ごせる」と伺っていて、その現場が知りたいと熱望しており、ようやく叶いました!一時預かり保育の予約がインターネットで完了!入退室などの利用はICカードでタッチ。利用状況などが即時一括管理できます。民間への業務委託です。ネットで予約完了するので、受けた分はしっかりと責任を持たないといけない。つまり断れないということはおっしゃっていました。少人数保育のため「初めて」のお子様が4名以上いると、結構大変になる日もあるそうです。逆に「常連」が多いと落ち着いた雰囲気で過ごせるなど、日々状況が変わるそうです。「保育園に入れていいな」とならず、何歳のどの子どもにも集団で育つチャンスがあるというのは、とても大切なことだと思っています。もちろん、中央区でも一時預かり保育の予約に長時間並ぶことなく、インターネットで予約が完結するようになるよう、問い続けたいと思います。また、児童館の「赤ちゃん天国」など、他区のひろば的な場で、一時預かり保育を実施することも求めていきたいと、品川モデルを見て、強く思いました。保育園を作るだけでは届かない支援があります。

●義務教育学校(9年生までの小中一貫校)
15歳までの児童の持つ力を最大限に引き出す!小学校5〜6年生と中学生の3年間を切れ目なくつなぐところに注力されていると感じました。特に5~6年生を伸ばせる(先へつなぐ)という目的と効果に注目しました。学校規模は大きくなるため、両方の資格を持つ教師が求められるし、校長の采配も大変そうだと思う点もありました。しかし、一貫校だからこその充実した共有スペース、ゆとりある体育館と校庭に感心しました。地元企業とのコラボスペースがまるでキッザニアのようでした。晴海の新設校、一体化を希望する保護者もいるのだろうか?と考えながら拝見しました。

●すまいるスクール(放課後子ども教室)
国の施策「放課後子ども総合プラン」として「放課後児童クラブ」と「放課後子ども教室」を一体的に運営する、品川区の「全児童放課後等対策事業」です。学校施設を活用した安全な居場所を提供するとともに、学びと遊びを通して子どもたちの成長を育むことを目的としています。「フリータイム」「教室」「勉強会」という3つの大きな柱で、実に宿題をやる児童、校庭に出る児童と多様な過ごし方でした。
入退室管理は、児童が持つICチップによるタッチ保護者へはアプリの通知で入退室を連絡するようになっています。災害時などにもアプリや登録メールで一斉に連絡ができるそうです。準備経過期間で、次年度から本格稼働予定とのことで準備が進んでいました。安心と便利が両立していていいなと思いました。やはり学校施設から移動がないのは、特に低学年には安心。

区議や区役所職員も1人1台のiPad(全職員ではない)を持参しており、ペーパーレスも進んでいると実感しました。共有すべきドキュメントは、即時クラウドフォルダにてデータ共有。同じような情報が、同じタイミングで中央区から私のメールに届いたのですが、zipファイル添付のため(常時)、スマホで開けずオンタイムで得られる情報の格差を強く感じました。早く知ってほしいと思うならナンセンス。いつも困っております。
「すごい!」と驚く度に「そうですか?」「問題もあります」と冷静に更に前向きである職員の方々に驚きました。本当の未来志向はきっとこうした姿なのだと、学ばせていただきました。どこの課がやるとか、誰がやるとかではなく「必要だから」という説明に、深く共感しました。

調整してくださった #横山ゆかり 品川区議会議員に心より御礼申し上げます。

#高橋まきこ #中央区 #中央区議会議員 #立憲民主党 #たぞえ麻友 目黒区議 #ゆざまさこ #八田一彦 #小林こうじ 昭島市議 #specialthanks 

不妊治療費助成と最新医療を考える

先日、#山王病院 の取り組み事例と世界の基準や #不妊治療助成制度 について説明いただく勉強会に参加しました。参加議員からは

●不妊治療は保険対象とならないのか?→WHOは病気認定しているそう(私はまだ調べが至らず)

●助成制度の対象制限は妥当?→40歳までの初回必須、43歳打ち切り、所得制限

といった意見があり、考えさせられました。

参加議員からは、そもそも体外受精は治療であれば保険対象ではないのか?不妊症や不育症は病気とみなすべきではないか?との意見がありました。

PGT-A(胚の選別)やPRP(子宮内膜を整える)の治療で、50代でも高確率で出産に至るのならば、助成制度の年齢制限は妥当なのか?という問題提起もありました。

また体外受精の成功確率を高める診断や治療は、もっと日本で推奨されるべきではないのか?といった医療の現場の声や世界基準も、勉強になりました。最新の治療技術やエビデンスに基づき、法令はバージョンアップしていくべきだと思います。

何事も関わる問題ですが、これらのことを「教育、知識普及」していくことも重要課題です。今回は #厚生労働省 の方針を確認したのですが、教育については、文部科学省など、省庁を超えて連携を急がないと、情報が届かずに辛い思いをする方が減らないと危惧しています。もちろん少子化も歯止めがかからなくなる。

実際に経験されながら「おかしい?」と感じている方もいらっしゃると思います。区民当事者のみなさまのお気持ちをお聞かせいただけたらと思っています。

<参考>
中央区(保険外助成)保険適用外の治療費から都事業の助成金額を除いた額に対し、1年度当たり100,000円を限度に最大で5年度助成します。
https://www.city.chuo.lg.jp/kusei/kohokotyo/koho/r01/011011/04_04/index.html

東京都(保険外助成) https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/kodomo/kosodate/josei/funin/top.html

現在会期中の本国会でも「保険対象とすべき」という質問がされており、今後が注目されています。

#生殖医療 #特定不妊治療助成制度 #勉強会 #立憲民主党 #中央区議会議員 #高橋まきこ

多胎児家庭支援を考える

#中央区 の双子や3つ子ちゃんファミリーの声を集めています!お気軽にメッセージをお寄せください。

#多胎育児のサポートをを考える親の会 代表の市倉さんと #WOMANSHIFT 代表の本目さんによる「#多胎児家庭への支援を考える議員勉強会」に参加しました。
最近、区内の双子ちゃんファミリーコミュニティとつながりができたこともあり、気になっていたタイミングで、勉強会を迎えました。

全国の多胎児家庭からのアンケート結果1,591件を元に、今求められる支援について、意見交換を行いました。記憶に新しい「三つ子虐待事件」は氷山の一角に過ぎません。
多胎児家庭の虐待リスクは、単胎児に比べて2.5~4倍となり、いかに追い詰められている状況であるかわかります。

問題はひきこもりとなってしまうことにあります。
ハイリスク妊婦となることから、安静となり、腹囲により足元が見えないなどの危険から、外出が困難になります。産後は、出血多量などにより母体の回復が遅れることで、また外出は難しくなります。
何人もの子どものコンディションを整えて出かけることは、かなり困難だと思います。
子どもが3歳くらいまで、外出は難しかったという声も少なくありません。

私が訴えてきた「窓口で待っていても届かない支援」がここにもありました。
「そもそも窓口へ行けないんです」という当事者の声が多くあります。
相談に行けないので必要な支援が受けられず、情報は届きません。
もちろん、睡眠時間も確保できないので、大量の書類手続きなどは諦めるそうです。
区民の誰でも、どこからでも支援に手を上げられるしくみは、必要不可欠です。

既存の制度が単胎児向けになっているという点も問題点として挙げられます。

費用負担も重要な問題です。
不妊治療から多胎児出産に至ることが多く、長期的に負担が大きくのしかかることも大きな問題です。
ハイリスク妊婦となることから、健診回数が多くなり、標準回数を超えると自費となります。
産後に育児や家事支援を利用すると、負担が増大します。
公共交通機関を利用できない(拒否されるなど)場合、タクシーとなり、負担はさらに増大します。
一時保育などを利用する際は、2人分となり、これも負担となっていきます。
また、一時保育は2名分の確保が必要で、そもそも空いていなかったので利用できなかった、という声もあります。これは区内でもお聞きしていました!

国や都が、令和2年度の予算として動き出しています。

<国>
1)多胎ピアサポート事業(経験者との交流会・相談支援)
2)多胎妊産婦サポーター事業(外出・育児補助、相談支援)
3)一時預かりの多胎児特別支援加算(多胎児を預かる事業者向け)

<都>
1)とうきょうママパパ応援事業(シッター、タクシー費用補助)
2)ベビーシッター利用支援事業(認可外シッター利用時に料金助成)

正式なリリースとなりましたら、またお知らせします。
産前から続く眠れない日々の辛さを思うと、胸が痛みます。
二人一斉に泣き続ける日々は、さらに苦しいのではないかと想像します。
どう寄り添えるのか、声にして発信し、行動していきます!

#高橋まきこ #中央区議会議員 #立憲民主党 新風会 #子育て支援 #子育て #保活

パブコメは16日(月)受付開始!

パブリックコメントは、みなさまの意見が計画に反映される最後のチャンスです

#中央区議会 今週開催された #常任委員会のトピックス、私が注目した点をお伝えします。まずは「パブコメ」のお知らせです。子育てにも大きく関わる3つの計画です。

1「保健医療福祉計画」産前産後や予防接種など
2「子ども子育て支援事業計画」保育園や幼稚園、学童など
3「教育振興基本計画」学校教育、学習指導要領が変わる!

→パブコメ提出先は受付開始後(12月16日~)リンクは コチラ (リンクは予定)

担当の #福祉保健委員会は、私の要望と質疑をまとめます。
■母子保健法の改正(国施策)
産後1年の支援が努力義務となった。中央区の支援もこの1年に合わせていくべきではないか。
区民アンケートによると「授乳」と「家事」と産後に大変だったことは明確である。具体的にこれを支えるという視点が重要ではないか。
具体的には、育児ヘルパーを産後1年対象にするとか、支援活動をしている団体を紹介することで支援をつなぐなど、区民同士のささえあいの場が大切だ。

学童とプレディの「連携」具体的に何を連携できるのか?→新川が連携の一例との答弁
★新川が連携の理想モデルであれば、今後の新設はみな一体化を目指すべき。現状の予定では、どれもそうなっていない。
待機が過去最高の割合となっており、民間との経済格差も大きい。学童は無料で延長しても最大で月に5,000円。
民間は利用頻度と内容によるが、50,000~100,000円かかるのが一般的である。

■多子世帯の保育料負担軽減(国施策)
東京都は認可私立園が対象。中央区は認可保育所全て(区立私立共に)対象とする。
半年間の歳入見込みは保育料が減るが、補助金が上回る見込み。
参考:東京都 http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/soumu/2019sya/02/p06.html

★子どもが3人いて、これまで思ってきたことは、経済的な負担はどんどん増大するので、もちろんなのだけど、それぞれの「居場所」が、困りごとになることが多かったと思う。幼稚園行事や習い事など、上のこどもの用事の際にに連れて行けないことも多くある。中央区は現状、一時預かり保育を希望の時に利用できる状況でもなく、実施拠点も限定的。それぞれが安心して過ごせる「居場所」の支援も、引き続き求めていきます!

■認可保育所、来年度4月入所申込の一次締切
申込者数は微増とのことで、恐らく子どもの割合にしたら、ほぼ横ばいだと思われる。
窓口の提出に限られているため、土日受付や、待合キッズスペースの設置など、あらゆる要望があった。これらも含めて、次年度の受付や体制、評価の細部など、時勢に合った方法を検討してほしい。

晴海の3歳児
認定こども園の短時間枠(幼稚園同等)の3歳児新規入園の倍率はおよそ5倍。
区立幼稚園も抽選と決まっており、希望者全員は入れない。晴海の3歳児を心配しています。

■小学校特認校は抽選実施、中学校は抽選なしで自由選択維持。
城東、阪本、京橋築地は4.5倍程度と高倍率であった。

■日本橋1丁目再開発、地上49階(287m)の建築
2021年に着工し、2025年竣工予定。事務所、ホテル、カンファレンス、住宅等の予定。

他の委員から「水谷橋(銀座1丁目の新設保育園)付近の交通が心配」や「自転車のスピードで大きな事故が心配」といった身近な問題についても、質疑応答が交わされました。

長くなりましたが、今回は冒頭の3つの計画、次年度以降の指針となる、大切な内容が含まれていました。みなさまのパブコメによって、よりブラッシュアップしていくことを願っています。