中央区LINEセグメント別配信スタートへ

本日現在、2021年2月からスタートした 中央区LINE公式アカウント の友だち登録数が10,245人となっています。参考に、取り組みが進んでいる「渋谷区」はお友達が52,541人となっています。人口規模比較では、中央区の人口が17万人、渋谷区の人口が23万人という違いがあります。

 

【セグメント別配信スタートへ】
そして今月、2022年7月21日からセグメント配信機能を追加するとの報告がありました。
中央区議会会派、かがやき中央から昨年9月に、中央区長に提出した予算要望書にても、LINEセグメント別配信を要望していたため、とてもうれしい政策実現のひとつです。

「子育て・教育」「防災・安全」「高齢者」などに分けて配信ジャンルの希望を登録して、希望する情報のみを受け取ることができるようになるとのことです。子育て・教育は、さらに小学生以上と未就学児などの細分化を予定していると報告がありました。

 

昨年度、令和3年度は月に10件ほどの配信ペースだったとのことです。LINE友だちのみなさまはご存じだと思いますが、主に月に2回配信の「区報」中央区、区のお知らせが配信内容の中心となっていることがわかります。区報がそのまま届いても、希望する情報にダイレクトにアクセスできる仕様ではなく、改善が望まれています。

今回のセグメント別配信によって「ほしい情報が届く」をみなさまに実感していただけるように期待し、注視していきます。

 

【AIチャットボットをゴミ分別に導入】
本年度中にAIチャットボットに「ごみ・資源分別」の分野が導入されるとのことです。
昨年度にスタートしている「認可保育園」「コロナワクチン接種」に次ぐ、分野の追加となります。先行自治体によるとチャットボット機能のおよそ6割をゴミ分別が占める程、多用される分野だとのことで、中央区においても利便性を実感いただけるといいなと思っています。

行政手続等へのアクセスがもっと身近になるように、双方向のハブ、ポータルとなるように引き続き要望を続けます。

みなさまのご意見、ご要望もお聞かせください。

 

中央区民のみなさまはぜひ 高橋まきこLINEオフィシャルアカウント からもぜひ、直接感想をメッセージでお届けください。

 

ご意見やご要望などは

高橋まきこへのお問い合わせフォームや各種SNSのメッセージからも承っています。

★★★★★★★

中央区「区長への手紙」へ伝えて直接返答を求めることができます。高橋まきこはホームページ公開後に全て拝見しています。共感したものを議会でも取り上げています。