中央区 学童クラブの見学を希望されますか?

中央区では、現在、来年度の学童クラブの入所申込みの受付中です。(締切1月14日)中央区の学童クラブは残念ながら、待機児童が発生している状況です。本年度(R3)は登録定員制として、定員と示した人数の120%が登録している状況です。各クラブの詳しい登録人数は、詳しくはコチラの投稿にて。

学童クラブの定員を前年比120%に拡大しました

 

中央区も「このまま現状がいいとは思っていない」と説明しており、取り組みの方向性を注視しています。そこで、来年度の募集定員をみると、昨年度の定員数と同じ。そこで、中央区議会の福祉保健委員会でも確認をしました。

 

【高橋まきこからの質問】
1)来年度も申込多数が予想される。定員120%の対応をとるのか?
保育の質は問題ないのか?

<中央区>
120%の受け入れも考えている
実際の日々の利用状況は8割程度で、支援員も足りていて問題はない

 

2)学童クラブの見学が難しいという保護者の声に対して、どう対応しているのか

子どもの個人情報保護から、入室しての見学は難しい
利用児童がいない時間に、入口から覗くことはできると思う
児童館は保護者のみの利用ができないため「申込予定の保護者だ」と説明してほしい

 

中央区の学童クラブ全体は、子ども家庭支援センター(きらら中央)が管轄しています。月島、浜町、築地は区営ですが、それ以外は民間委託となっています。

 

中央区の公設以外、民間の学童事業者のみなさまからお話を伺うと、中央区での事業継続には、家賃負担が大きくのしかかるとのことです。
いかに民間の力もお借りしながら、地域の子どもたちの居場所を温めていくことができるのか。
区とや地域のみなさまと共に考え、都心各地の事例に学んでいきたいと思っています。

 

学童のお弁当発注については、前回の委員会で確認しました。お問い合わせが多くありますので、コチラでもシェアします。

中央区学童クラブのお弁当注文について

 

引き続き、みなさまのご要望もお聞かせください。

 

★★★★★★★

ご意見やご要望などは

高橋まきこへのお問い合わせフォームや各種SNSのメッセージからも承っています。

★★★★★★★

中央区「区長への手紙」へ伝えて直接返答を求めることができます。高橋まきこはホームページ公開後に全て拝見しています。共感したものを議会でも取り上げています。