銀座中学校のみ抽選 選択申込数は30人減

いつもありがとうございます 中央区議会議員の高橋まきこ です。

中央区の中学校は 自由選択制 で、学区によらずに選択することもできます。選ばない場合は学区の中学校(指定校)となります。

<参考データ申込速報値>

2023入学 (今回)p2

2022入学

 

【自由選択制を選ぶ児童の割合は?】
指定校を変更したいと申込をした児童数は243人で昨年の277人から30人減少しています。小学校6年生の在籍児童数は、全区で1,219人で、昨年の1,155人より64人増えています。概ね2割くらいの児童が学校選択制を希望していることがわかります。

※在籍児童数は コチラ (R4)

 

【どこからどこを選んでいるのか】
近年、最も多いのが
(指定校)晴海中学校→(希望校)銀座中学校
です。

保護者に聞くと

・アクセスの良さ:大江戸線の月島や勝どき駅から築地市場駅を利用して通学したい

・サッカー部:サッカー部に魅力を感じている

・進学:進学相談が手厚いように聞いている

などといった声がありました。

 

【抽選は銀座中学校のみ】
昨年同様ですが、定員の40人を超える申し込みにより抽選を実施したのは銀座中学校のみとのことです。153人が希望して40人定員となると、倍率は3.8倍ですが、昨年度の171人より減少しています。日本橋中→銀座中が減少したようですね。

 

【日本橋中学校の今後】
改修工事の概要が示された日本橋中学校について、来年度以降の選択がどのように変化していくのか、注視しています。

日本橋中学校の改築 7年後に新校舎