中央区学童クラブのおやつ代は16年間、固定

いつもありがとうございます、中央区議会議員の 高橋まきこ です。

「学童クラブのおやつ代」について、みなさまのご意見をお聞きしたいと思っています。

 

【中央区学童クラブのおやつ代は16年間、固定】

平成18年度に定められた「中央区学童クラブ標準金額」において
・おやつ費用は保護者負担
・一人あたり月額1,800円
と定められているそうです。そして、おやつの準備は「保護者(主におやつ係)負担」です。

 

ある児童館の保護者会から
「もっと品質のよいものを食べさせたいと思う」
「保育園がいいおやつだったので残念」

「その金額でみんなの理解を得るものを購入、保管、管理するのが大変」
などとご意見をいただき、オンラインで詳しく聞かせていただきました。調理ができる訳でもないのに、1回100円未満では確かに限定されますね。

 

平成18年と今の経済状況を比較すると(平均賃金や物価など)およそ2,500円程度に値上げしていないと質が保てない計算となるそうです。(経済に詳しい保護者、さっと教えてくださって尊敬)

 

【保護者と対話の機会を】
これまでもお弁当注文や保護者負担など、様々に議会でも取り上げてきましたが、当事者と中央区の担当者を含む意見交換の機会がないことが、根本的な課題だと感じています。
運営を民間委託している学童クラブもありますが、だからこそ解決が複雑になっている事例もありました。

これから中央区では初となる民設民営の学童が導入されます。多様な学童が増え、その定員数も増大していかなくては学童待機児童が解消できない中央区においては「学童クラブ運営協議会」など、当事者と中央区とが子ども達のために話し合う機会が求められているのではないでしょうか。

私は保護者負担も懸念していますので、開催はオンラインを活用するなど、そのあり方にも、しっかりと保護者の意見が反映されるように要望していきたいと思っています。

 

引き続き、みなさまのご意見をお聞かせください。

 

【高橋まきこ「中央区の学童クラブ」中央区議会での活動関連ブログ 一例】

右上のタグ「放課後の居場所について」でピックアップできます。以下はPV数が高いものの一例です。良かったらご覧ください。

中央区 初の民設民営学童クラブ誘致 晴海か?

中央区 民間学童クラブは2か所の開設目標

中央区 学童クラブの待機児童が243人

中央区 学童クラブの保護者負担軽減を要望しました