来年度R5の予算要望書を中央区長に提出

中央区議会の所属会派「かがやき中央」にて、来年度となる令和5年度の 中央区予算要望書 を中央区長に提出しました。会派では毎年この時期に提出してきましたが、特に昨年度の要望書から政策が実現したことが多数あり、中央区と思いを共有できる、貴重な機会だと感じています。

今年は政調会長として、要望の取りまとめを担当しました。もっと良くできた点があったと反省ばかりですが、以下に抜粋してお伝えします。

 

【予算要望のポイント】

・子どもの支援に重点を

・DXを加速 →インターネット予約キャンセルほか

・オープンな議論 →インターネットの会議傍聴ほか

・ひとり一人の区民の声を聴く

 

【ここも注目】
・子ども議会の開催
夏に会派にて 区議会親子見学会 を開催しました。親子の率直な感想は、私たちにとっても貴重な学びになりました。子どもや、子どもを通じて保護者に区政を身近に感じていただきたいと思っています。

 

・晴海をはじめ、月島地区に適切な整備を
学童、放課後デイ、喫煙所、シェアサイクルポートなど、月島地区に不足している設備がまだまだありますね。

 

・妊婦の支援充実
母親学級などの抽選にも外れ、孤独と不安をひとりで抱え込む妊婦が増えています。相談やコミュニティ活動などの機会を多様に展開しながら、相談しやすい居場所にしていかなくてはなりません。

 

・電動キックボードの安全な利用促進(残念ながら、中央区の死亡事故にも関連して)
・幼保連携型こども園の導入拡大による区立幼稚園の見直し
・インターナショナルスクールや大学の誘致

などなど

 

私たちの政策要望は、区民のみなさま、おひとりお一人からのご要望の声を元に、つくりあげています。引き続き、ご意見をお聞かせください。

 

 

中央区議会 子ども&保護者見学会を開催しました!

ご意見やご要望などは

高橋まきこへのお問い合わせフォームや各種SNSのメッセージからも承っています。

中央区民のみなさまはぜひ 高橋まきこLINEオフィシャルアカウント から、直接感想をメッセージでお届けください。

★★★★★★★

中央区「区長への手紙」へ伝えて直接返答を求めることができます。高橋まきこはホームページ公開後に全て拝見しています。共感したものを議会でも取り上げています。