子ども安全管理士、資格認定に向けて

先日、 子ども安全管理士 の資格認定に向けた、第一回目の講義を受講しました。
私は第6期生として、学び始めたところです。長崎県大村市とLove&Safetyおおむら(NPO)が共催で行っている講座で、全国の保育園・幼稚園等の現場職員のみなさまや、全国の地方議員と共に学んでいます。

私は 危機管理士 の資格も保持していますが、子どもに特化した具体的な事例と共に、保育や教育などの場で起きた事故などを学べる貴重な機会だと思っています。

初回は保育の場におけるリスクマネジメントがテーマでした。リスクやその因子に対して、安全と保育の質の両立を考えることは、実際には本当に難しい判断の連続だと思います。さらに多忙な業務の中で、いかにしてマネジメントサイクルを継続していくのか。持続可能なフロートは、と考えました。

 

資格認定まで長く続きますが、ひとつ一つを積み重ねて、現場経験のない自分の糧にしていきたいと思っています。

 

 

この春、初めて受験した保育士試験も結果を待っている状況です。9科目、取得できているといいなと祈っています。(ドキドキ)