2019.6月中央区議会「子育てに関すること」by高橋まきこ

6月は定例会(本会議)及び各委員会が行われました。
子育てに関することを抜粋して、4点こちらにてお伝えします。
私の担当委員会(福祉保健委員会)の質疑応答もこちらに記録します。※手元記録のため、議事録を受けて修正する場合もございます。ご容赦ください。

【1】私立認可保育所の開設支援について
本年度の10月、浜町に保育園が新設されることとなりました!
0~5歳児までの園となり、中央区では初めての「あい・あい保育園」です。
https://aiai.globalbridge.biz/
10月の新規開設予定は、東日本橋と並んで2園となります。
https://www.city.chuo.lg.jp/kosodate/hoiku/ninkahoiku/sinkikaisetujoho.html

>日本橋地区は順調に新規開設を続けています。
令和3年度(2021)開園予定の「阪本こども園」も含め、不足等がないか、引き続き確認を続けます。
>私の質問(福祉保健委員会):勝どき、晴海の1歳児の待機への対応が急務の中、現状の予定では厳しさが増すばかりです。この月島地区への対応をどう考えていますか。→回答「引き続き事業者募集、期間限定型保育の実施に尽力していく」

【2】学童クラブの利用状況について
1年生の待機は区内で6名のみですが、2年生になると83名と急増します。このうち75名はプレディに登録しています。2~3年生の待機人数が多いのは「佃」と「晴海」。
現状、4年生以上は、区内で希望者数も28名に留まります。

>そもそも2年生では諦めていて希望提出しない人も多くいますので、実際のニーズはこれを上回るかもしれません。 今の学童、プレディの体制で大丈夫か、地域ごとの継続確認が必要です。
>私の質問(福祉保健委員会):待機となり、プレディ登録をしない人のニーズを知ることも大切だと思います。そのヒアリング実施実績はありますか?→回答「ない」

【3】晴海四丁目施設整備について
晴海4丁目(清掃工場近く、環状2号線付近)に新施設整備を予定しています。令和5年度(2022)開設予定です。これは、行政出張所、認定こども園や図書館、保健センターが一体となっています。

>「児童館」を含む施設となることを希望しています。晴海に現在不足している学童や赤ちゃん天国など、地域の居場所として大きな機能を果たすと思うため、です。
>私の質問(福祉保健委員会):保健所内「母乳相談室」はマッサージの施術も検討しているかを尋ねました。緊急性が高い「新生児子育ての困りごと」であり、孤育ての母にとっては重要な問題です。対応拠点がより近くにあることが大切だと思っています。→回答「現在、聖路加助産院マタニティケアホームで対応しているので活用してほしい」
https://www.city.chuo.lg.jp/kosodate/syusan/_user_fkensu_time_20170323.html

【4】プレミアム付商品券の発行について
10月からの消費税増税、また幼児教育無償化の実施に伴い、0~2歳のお子様がいるご家庭に、商品券を買うための「購入引換券を送付する」というものです。引換券を持参して「購入する」ので、商品券が届くのではない点にご注意ください。対象者には「引換券」を9月中旬以降に送付します。
https://www.city.chuo.lg.jp/kenko/premiumsyouhinken/puremiumtsuki-shohinken.html

>補足:「非課税者」も対象であり、この対象者確認フローがわかりにくさと予算負担を増大させています。国政となりますが、私も疑問視しています。