晴海四丁目こども園は渋谷教育学園に決定

晴海四丁目公私連携幼保連携型認定こども園の運営事業者が、学校法人渋谷教育学園に決定しました。阪本こども園 と同じ事業者です。阪本に次ぐ、区内2園目となる公私連携型こども園の開園が注目を集めています。

【概要と特徴】
開園予定:2024年4月

定員想定:開設時230名程度(最大450名程度)変更あり
1号:150名(3歳児:60名、4歳児:45名、5歳児:45名)※2022.6更新
2号:各年15名

3号:35人(1歳児定員予定20名)
※1号と2・3号の比率は2対1程度(150:80)

 

特徴
1)都心につくられる新しいまち「晴海」
2)都内随一の大規模園

【選定理由】
・教育と保育時間一斉時間と子ども主体の自由な活動の関連性を重視する姿勢
・十分な職員配置
・晴海西小学校(仮称)との連携→保幼小の連携に重点

【晴海地区の子育てと教育】
今回のこども園と同じ4月に、近隣に開校予定の晴海西小学校との連携も気になるところです。
入学や指定校変更の条件などは今後に確認をしていきます。

晴海の小学校(月島第三)や晴海中学校の児童生徒は増え続け、1学年6クラスとなっています。
月島第三小学校は2023年には教室が2つ不足する計画となり、至急の対応が必要です。
※中央区内の各校各園在籍数は コチラ

 

晴海西、晴海東と2つの小学校、西に併設の中学校と開校が続きます。
もちろん、このあたらしいまちに、保育園や民間学童も開設予定です。
晴海の新しいまちづくりにおける大規模こども園、今後の情報も確認してお伝えしていきます!