保活座談会スペシャル 2019.2.11「保育園の話をしよう」開催報告

粉雪が舞う中、たくさんのみなさまにお集まりいただきまして、ありがとうございました!

中央区の認可保育園の通知結果を受け、悲喜こもごもの会場となったのですが、大変な転園や保活経験を笑顔で話すパネラーのみなさまのおかげで、終始和やかでした。
まずはパネルトークで、事前にいただいた質問にお答えしながら、今年のポイントをお伝えしました。
その後は「この方に聞きたい」を叶える直接対話の時間にしました。

アンケートの結果にギュッと大切なことがつまっていたので、一部抜粋してご紹介します。

・明るく保活をしている方が多く、前向きになった。
・様々なケースの話を聞くことができて参考になった。
・妊娠中や保活中にこのような会に参加しておけばよかった。
・この会はとてもありがたいものですので、これからもがんばって続けてください!
・園を探す努力をどこまでどう続けなければならないのか。

・無償化よりもみんなが安心して入れる園を増やしてほしい。
・初めての子どもで中央区に引っ越ししてきたので、情報収集の場になってよかった。
・改めて保活の厳しさや「学童活動」もあることを知り、非常に有意義だった。
・入園後の話をもっと聞きたかった。

アンケートここまで

「無償化」より、みんなが安心して園生活を迎え、過ごせるようになってほしい!
心からの願いを、私も発信していきます!