ブログ

帰宅困難者対策を考える

今週は #都心の防災 #帰宅困難者 について考える機会に恵まれました。
東日本大震災をきっかけに「東京都帰宅困難者対策条例」が制定されました。
それまで「すぐ帰る」だったのですが、一斉帰宅の危険性が問われることとなりました。
現在は「72時間滞在」が基本となり #共助 として、動かないよう周知されています。
が、みなさまに情報が届いているのかも気になっています。

中央区は神田駅〜東京駅〜有楽町駅と、ターミナル周辺は千代田区との区境でもあり、大企業が密集しているため、官民の連携が欠かせません。東京都の方向性を、区としてどう浸透させることができるか、考えています。また、今年は世界中から晴海の「選手村」や「銀座」、などに人が集まるため、特に滞留者対策は喫緊の課題です。在住、在勤、来訪、選手、関係者、選手村運営スタッフなど、最大の人数想定での訓練が事前に必要不可欠です。

さて、今週に参加した2つの講演会について、レポートします。

1)#中央区 #帰宅困難者支援施設運営協議会
3名の講師による講演会に参加しました。それぞれの現場の取り組みや課題が参考になりました。
東京都総務局総合防災部から、東京都の帰宅困難者対策として、72時間待機と一時滞在施設確保について説明がありました。
工学院大学の村上正浩先生からは、新宿駅周辺防災協議会の取り組みをお伝えいただきました。やはり初動となる72時間が大切なことと、支援が届きにくいと想定される人へのアプローチについて問題提起もありました。いつも先生のお話を聞いて思いますが、ターミナル新宿駅のチームワークが羨ましい!
日鉄興和不動産株式会社から、「インターシティ」を始めとした取り組みについて、教えていただきました。力強く「集まった人は守る」とおっしゃっていたのが印象的でした。

2)#日本危機管理学会 #被災難民 #帰宅困難者
廣井悠 先生(東京大学大学院)の講演でした。被災と移動にフォーカスした問題提起が多々ありました。東日本大震災では、死者の15%が仕事による移動中または通勤中だったことから、在勤者が在住の6〜7倍とも言われ、その数が70万人ともいわれる中央区において、大きな課題のひとつであることが確かです。広めていかなくてはならないことは「移動しない」という原則。全体の安全のために、移動しないことが大切ですが、これが一番難しい。家族が心配で一刻も早く帰りたいのは、当然だからです。「助け合おう」という気持ちで残り、より早く安全に帰ることを選択できるよう、私も発信に努め、それを広めていきたいと思います。

#高橋まきこ #中央区議会議員 #立憲民主党 #地域 #防災 #減災 #BCP #危機管理 #明治大学 #市川宏雄 先生 #中林一樹 先生

不妊治療費助成と最新医療を考える

先日、#山王病院 の取り組み事例と世界の基準や #不妊治療助成制度 について説明いただく勉強会に参加しました。参加議員からは

●不妊治療は保険対象とならないのか?→WHOは病気認定しているそう(私はまだ調べが至らず)

●助成制度の対象制限は妥当?→40歳までの初回必須、43歳打ち切り、所得制限

といった意見があり、考えさせられました。

参加議員からは、そもそも体外受精は治療であれば保険対象ではないのか?不妊症や不育症は病気とみなすべきではないか?との意見がありました。

PGT-A(胚の選別)やPRP(子宮内膜を整える)の治療で、50代でも高確率で出産に至るのならば、助成制度の年齢制限は妥当なのか?という問題提起もありました。

また体外受精の成功確率を高める診断や治療は、もっと日本で推奨されるべきではないのか?といった医療の現場の声や世界基準も、勉強になりました。最新の治療技術やエビデンスに基づき、法令はバージョンアップしていくべきだと思います。

何事も関わる問題ですが、これらのことを「教育、知識普及」していくことも重要課題です。今回は #厚生労働省 の方針を確認したのですが、教育については、文部科学省など、省庁を超えて連携を急がないと、情報が届かずに辛い思いをする方が減らないと危惧しています。もちろん少子化も歯止めがかからなくなる。

実際に経験されながら「おかしい?」と感じている方もいらっしゃると思います。区民当事者のみなさまのお気持ちをお聞かせいただけたらと思っています。

<参考>
中央区(保険外助成)保険適用外の治療費から都事業の助成金額を除いた額に対し、1年度当たり100,000円を限度に最大で5年度助成します。
https://www.city.chuo.lg.jp/kusei/kohokotyo/koho/r01/011011/04_04/index.html

東京都(保険外助成) https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/kodomo/kosodate/josei/funin/top.html

現在会期中の本国会でも「保険対象とすべき」という質問がされており、今後が注目されています。

#生殖医療 #特定不妊治療助成制度 #勉強会 #立憲民主党 #中央区議会議員 #高橋まきこ

多胎児家庭支援を考える

#中央区 の双子や3つ子ちゃんファミリーの声を集めています!お気軽にメッセージをお寄せください。

#多胎育児のサポートをを考える親の会 代表の市倉さんと #WOMANSHIFT 代表の本目さんによる「#多胎児家庭への支援を考える議員勉強会」に参加しました。
最近、区内の双子ちゃんファミリーコミュニティとつながりができたこともあり、気になっていたタイミングで、勉強会を迎えました。

全国の多胎児家庭からのアンケート結果1,591件を元に、今求められる支援について、意見交換を行いました。記憶に新しい「三つ子虐待事件」は氷山の一角に過ぎません。
多胎児家庭の虐待リスクは、単胎児に比べて2.5~4倍となり、いかに追い詰められている状況であるかわかります。

問題はひきこもりとなってしまうことにあります。
ハイリスク妊婦となることから、安静となり、腹囲により足元が見えないなどの危険から、外出が困難になります。産後は、出血多量などにより母体の回復が遅れることで、また外出は難しくなります。
何人もの子どものコンディションを整えて出かけることは、かなり困難だと思います。
子どもが3歳くらいまで、外出は難しかったという声も少なくありません。

私が訴えてきた「窓口で待っていても届かない支援」がここにもありました。
「そもそも窓口へ行けないんです」という当事者の声が多くあります。
相談に行けないので必要な支援が受けられず、情報は届きません。
もちろん、睡眠時間も確保できないので、大量の書類手続きなどは諦めるそうです。
区民の誰でも、どこからでも支援に手を上げられるしくみは、必要不可欠です。

既存の制度が単胎児向けになっているという点も問題点として挙げられます。

費用負担も重要な問題です。
不妊治療から多胎児出産に至ることが多く、長期的に負担が大きくのしかかることも大きな問題です。
ハイリスク妊婦となることから、健診回数が多くなり、標準回数を超えると自費となります。
産後に育児や家事支援を利用すると、負担が増大します。
公共交通機関を利用できない(拒否されるなど)場合、タクシーとなり、負担はさらに増大します。
一時保育などを利用する際は、2人分となり、これも負担となっていきます。
また、一時保育は2名分の確保が必要で、そもそも空いていなかったので利用できなかった、という声もあります。これは区内でもお聞きしていました!

国や都が、令和2年度の予算として動き出しています。

<国>
1)多胎ピアサポート事業(経験者との交流会・相談支援)
2)多胎妊産婦サポーター事業(外出・育児補助、相談支援)
3)一時預かりの多胎児特別支援加算(多胎児を預かる事業者向け)

<都>
1)とうきょうママパパ応援事業(シッター、タクシー費用補助)
2)ベビーシッター利用支援事業(認可外シッター利用時に料金助成)

正式なリリースとなりましたら、またお知らせします。
産前から続く眠れない日々の辛さを思うと、胸が痛みます。
二人一斉に泣き続ける日々は、さらに苦しいのではないかと想像します。
どう寄り添えるのか、声にして発信し、行動していきます!

#高橋まきこ #中央区議会議員 #立憲民主党 新風会 #子育て支援 #子育て #保活

中央区のお正月と賀詞交歓会

2020年を迎えました、本年もよろしくお願いします!みなさまはお正月をいかがお過ごしでしたでしょうか。私は、年末年始を中央区内で過ごしました。 #築地本願寺 の除夜の鐘には間に合わず、元旦の #鉄砲洲神社 参拝に、家族で出かけました。 #銀座 はデパートをはじめ、ほとんどのお店が休業しているため、元旦の日中は年間で一番という位に #銀座通り の人通りが少なくなります。

元旦の銀座通り

中央区の #賀詞交歓会 は毎年1月4日に、浜町体育館にて行われています。お料理などは、お隣の #明治座 さんが出店してくださり、お寿司やケーキなど、華やかに揃っています。飲み物は美しいコンパニオンさんがふるまってくださいます。今年もたくさんの参加者で会場は賑わっていました。 昨年の参加者から車イスの参加者に配慮を求める声があり、今年は専用スペースが設けられていました。ここで年始のご挨拶が叶うので、私も毎年楽しみに参加しているのですが。。。

SDG’Sに基づいて、環境問題やフードロス、ジェンダーフリーなど、直面している課題を思うと、この形式が一番良いのかは、これまで考えてきました。昨年度の決算によると、この会は948万円の費用支出となっており、これは23区内ではトップクラスです。私は決算委員会にて質問しましたが「参加者一人当たりに換算すると3,000円程で適当であると考えている」とのことでした。各地でアルコールが必要か、会費制にすべき、など、様々な議論がなされていますので、中央区のあり方も、引き続き話し合っていきたいと思っています。

2020年 賀詞交歓会 中央区

年始のご挨拶を自分のコトバで伝えたいと思い、この年始の活動を #youtube #高橋まきこチャンネル にても発信しています。気軽にポチっとご覧いただけたら幸いです。お正月の中央区の雰囲気が伝わるかと思います。

年始、区長からのご挨拶にて「待機児童解消に向けて、更に取り組むことはもちろん」とのお言葉がありました。子育て支援の輪を広げていくためには、第一に待機児童の解消が必要不可欠です。保育所も学童も。その上で、利用しやすい一時保育や子育て家庭の多様な働き方が実現していきます。児童虐待防止の観点からも、これが第一です。窓口を用意して待っているだけでは、声は届いてこない。中央区も児童相談所の準備をしていますが、その前にやるべきことがあります。利用しやすい支援の場を用意しておくこと。ここから相談のきっかけが生まれます。私は今年もこれまでどおり、地域の居場所づくりに尽力してまいります。

今年もみなさまからのご意見をお待ちしています。保育園、幼稚園、小学校、中学校の課題やご相談が増えています。 #保活座談会 今年も開催しますので、こちらも子育ての相談の場として、お気軽にご参加ください。

「置き勉」について

学校に勉強道具を置いていく「置き勉」について、
小中学校の保護者の方々からご相談いただいてきました。

「重過ぎてかわいそうだ」
「首が絞めつけられ、頭痛や肩凝りがひどい」
「帰宅途中にうずくまっている」
といったような内容です。

区立小学校は、ほとんどの児童が「ランドセル」
区立中学校は「学校指定バッグ」を使用しています。
中学校の指定バッグは、やはりこれまでも「重過ぎる」という保護者の意見により、
リュック型を採用したり、指定品でなくてもリュックを容認したりと、取り組んできたようです。

文部科学省が2年前(平成30年9月6日)にこの通達を出し、画期的だと話題になりました。
児童生徒の携行品に係る配慮について
https://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/keikohin/__icsFiles/afieldfile/2018/09/06/1408967_001_1.pdf

以下、一部抜粋します。
「授業で用いる教科書やその他教材、学用品や体育用品等が過重になることで、身体の健やかな発達に影響が生じかねないこと等の懸念や保護者等からの配
慮を求める声が寄せられていることから~、児童生徒の携行品の重さや量について改めて御検討の上、必要に応じ適切な配慮を講じていただきますようお願いします。」

この通達を受け、中央区教育委員会では、各校にアンケート調査を実施しました。
各校の回答はいずれも「個別配慮する」という、文科省の通達に沿ったものとなっていました。

しかし、私が保護者からお聞きした学校現場の状況で、乖離していると感じる学校もありました。
「個別対応不可と返答された」
「置き勉チェック」が実施される
置き勉がバレると「見せ物」になる、などです。

今回の私へのご相談は「置き勉」は「悪しきこと」という指導に悩んできた、真面目な児童生徒達からの悩みでもあり、訴えでもありました。

みなさまの学校、お子様はいかがでしょうか。
お悩みの際は、お気軽にご相談ください。

パブコメは16日(月)受付開始!

パブリックコメントは、みなさまの意見が計画に反映される最後のチャンスです

#中央区議会 今週開催された #常任委員会のトピックス、私が注目した点をお伝えします。まずは「パブコメ」のお知らせです。子育てにも大きく関わる3つの計画です。

1「保健医療福祉計画」産前産後や予防接種など
2「子ども子育て支援事業計画」保育園や幼稚園、学童など
3「教育振興基本計画」学校教育、学習指導要領が変わる!

→パブコメ提出先は受付開始後(12月16日~)リンクは コチラ (リンクは予定)

担当の #福祉保健委員会は、私の要望と質疑をまとめます。
■母子保健法の改正(国施策)
産後1年の支援が努力義務となった。中央区の支援もこの1年に合わせていくべきではないか。
区民アンケートによると「授乳」と「家事」と産後に大変だったことは明確である。具体的にこれを支えるという視点が重要ではないか。
具体的には、育児ヘルパーを産後1年対象にするとか、支援活動をしている団体を紹介することで支援をつなぐなど、区民同士のささえあいの場が大切だ。

学童とプレディの「連携」具体的に何を連携できるのか?→新川が連携の一例との答弁
★新川が連携の理想モデルであれば、今後の新設はみな一体化を目指すべき。現状の予定では、どれもそうなっていない。
待機が過去最高の割合となっており、民間との経済格差も大きい。学童は無料で延長しても最大で月に5,000円。
民間は利用頻度と内容によるが、50,000~100,000円かかるのが一般的である。

■多子世帯の保育料負担軽減(国施策)
東京都は認可私立園が対象。中央区は認可保育所全て(区立私立共に)対象とする。
半年間の歳入見込みは保育料が減るが、補助金が上回る見込み。
参考:東京都 http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/soumu/2019sya/02/p06.html

★子どもが3人いて、これまで思ってきたことは、経済的な負担はどんどん増大するので、もちろんなのだけど、それぞれの「居場所」が、困りごとになることが多かったと思う。幼稚園行事や習い事など、上のこどもの用事の際にに連れて行けないことも多くある。中央区は現状、一時預かり保育を希望の時に利用できる状況でもなく、実施拠点も限定的。それぞれが安心して過ごせる「居場所」の支援も、引き続き求めていきます!

■認可保育所、来年度4月入所申込の一次締切
申込者数は微増とのことで、恐らく子どもの割合にしたら、ほぼ横ばいだと思われる。
窓口の提出に限られているため、土日受付や、待合キッズスペースの設置など、あらゆる要望があった。これらも含めて、次年度の受付や体制、評価の細部など、時勢に合った方法を検討してほしい。

晴海の3歳児
認定こども園の短時間枠(幼稚園同等)の3歳児新規入園の倍率はおよそ5倍。
区立幼稚園も抽選と決まっており、希望者全員は入れない。晴海の3歳児を心配しています。

■小学校特認校は抽選実施、中学校は抽選なしで自由選択維持。
城東、阪本、京橋築地は4.5倍程度と高倍率であった。

■日本橋1丁目再開発、地上49階(287m)の建築
2021年に着工し、2025年竣工予定。事務所、ホテル、カンファレンス、住宅等の予定。

他の委員から「水谷橋(銀座1丁目の新設保育園)付近の交通が心配」や「自転車のスピードで大きな事故が心配」といった身近な問題についても、質疑応答が交わされました。

長くなりましたが、今回は冒頭の3つの計画、次年度以降の指針となる、大切な内容が含まれていました。みなさまのパブコメによって、よりブラッシュアップしていくことを願っています。

中央区議会レポートをリリースしました

#高橋まきこ #中央区議会 レポートの配布をスタートしました!一人でも多くの方のお手元に届けられるように、活動を工夫しようと思っています。撮影や制作に協力くださったみなさまに、改めて感謝を申し上げます。ありがとう!

中央区議会レポート2019.11_高橋まきこpdf (ダウンロードはこちらから)

一般質問の動画や解説動画などは コチラ からご覧ください


#中央区議会議員
#立憲民主党 新風会
#レポート
#一般質問
#保活
#中央区