ブログ

オリンピック・パラリンピックに向けた視察

区議会における、オリンピック・パラリンピック対策特別委員会( #オリパラ特別委員会 )にて、視察をしてまいりました。

HARUMI FLAG

晴海の選手村跡地、大規模開発に伴う分譲住宅のモデルルームを拝見しました。
新しい街の3年後をイメージしながら、模型やデジタル映像などを体感しました。
第一弾として板状棟(高層以外)から販売されます。入居は2023年の予定となっています。最終的には12,000人が住む街となるのですが、これだけの戸数が一度に建つというのは、後にも先にもないだろう、という規模感。インフラ整備やコミュニティの構築など、新しい考え方が必要だと実感しました。

競技場

環状2号線の工事進捗を確認しながら、江東区の競技場を見て回りました。
有明~辰巳~台場と多くの会場が集中しており、暑い中、工事が着々と進んでいました。駅のキャパや歩道の道幅など、人が集中した際のことが懸念されました。各会場5,000~20,000人近くもの収容人員がある中、アクセスは安全なのか、心配です。

日本財団パラアリーナ(船の科学館隣接)

車イス競技を始めとした、パラ・アスリートのための練習施設です。
弱視の方に対応した色使いや、車イスの方でも使用しやすいロッカーやシャワールームなど、様々な工夫に多くを学びました。毎日利用する団体があり、希望が集中しているため、稼働率はほぼ100%とのことです。

湾岸エリアが激動となるこの3年間、住まう人も訪れる人も、安全に快適に過ごせるよう、引き続き考え、取り組みたいと思います。

中央区の保養施設「ヴィラ本栖」「伊豆高原荘」

夏休みのお出かけに、中央区の保養施設2つをご紹介します。先日、中央区議会の議員視察にて拝見してきました。感想も含めてご案内致します。

「ヴィラ本栖」1泊1室12,000円~(通常期)http://www.chuo-villamotosu.jp/reservation/

冷涼で緑に囲まれたラグジュアリーな宿泊施設です。運営は「富士屋ホテル」に委託しており、行き届いたサービスが魅力的です。10名まで泊まれる独立コテージなど、ファミリーや子育て仲間で利用するのにも向いていると思いました。カラオケBOXもあります。特に、区内各地からの送迎直行バスがある点が便利!

直行バスのご案内(別料金) http://www.chuo-villamotosu.jp/access/#access-shuttlebus (水天宮前、月島、中央区役所、八重洲の4発着所があります)

こちらは、区立小学校の6年生が修学旅行で秋に利用しています。富士山のふもとという立地を活かした自然に親しむ体験のほか、フランス料理のコースマナーを料理長から学ぶなど、多彩な内容となっています。

「伊豆高原荘」1泊1名5,200円~(通常期、1泊2食付) http://www.izukyucom.co.jp/chuoku/info/index.html

こちらは温泉を備えた和室中心の宿泊施設(旅館型)です。運営は「伊豆急コミュニティー」に委託しています。喫煙室が多いことから、団体利用として定評があるようです。選べる浴衣も人気とのことです。貸切家族風呂もあります。

web予約サイト(共通) https://www.11489.jp/Chuohoyou/annai/

↑登録が必要であり、画面遷移も遅く、使いにくいと感じています。区民館などの総合予約サイト機能をもつため、改修は難しいと思いますが、今後のタイミングをみて、改善を求めたいと思います。

2019.6月中央区議会「子育てに関すること」by高橋まきこ

6月は定例会(本会議)及び各委員会が行われました。
子育てに関することを抜粋して、4点こちらにてお伝えします。
私の担当委員会(福祉保健委員会)の質疑応答もこちらに記録します。※手元記録のため、議事録を受けて修正する場合もございます。ご容赦ください。

【1】私立認可保育所の開設支援について
本年度の10月、浜町に保育園が新設されることとなりました!
0~5歳児までの園となり、中央区では初めての「あい・あい保育園」です。
https://aiai.globalbridge.biz/
10月の新規開設予定は、東日本橋と並んで2園となります。
https://www.city.chuo.lg.jp/kosodate/hoiku/ninkahoiku/sinkikaisetujoho.html

>日本橋地区は順調に新規開設を続けています。
令和3年度(2021)開園予定の「阪本こども園」も含め、不足等がないか、引き続き確認を続けます。
>私の質問(福祉保健委員会):勝どき、晴海の1歳児の待機への対応が急務の中、現状の予定では厳しさが増すばかりです。この月島地区への対応をどう考えていますか。→回答「引き続き事業者募集、期間限定型保育の実施に尽力していく」

【2】学童クラブの利用状況について
1年生の待機は区内で6名のみですが、2年生になると83名と急増します。このうち75名はプレディに登録しています。2~3年生の待機人数が多いのは「佃」と「晴海」。
現状、4年生以上は、区内で希望者数も28名に留まります。

>そもそも2年生では諦めていて希望提出しない人も多くいますので、実際のニーズはこれを上回るかもしれません。 今の学童、プレディの体制で大丈夫か、地域ごとの継続確認が必要です。
>私の質問(福祉保健委員会):待機となり、プレディ登録をしない人のニーズを知ることも大切だと思います。そのヒアリング実施実績はありますか?→回答「ない」

【3】晴海四丁目施設整備について
晴海4丁目(清掃工場近く、環状2号線付近)に新施設整備を予定しています。令和5年度(2022)開設予定です。これは、行政出張所、認定こども園や図書館、保健センターが一体となっています。

>「児童館」を含む施設となることを希望しています。晴海に現在不足している学童や赤ちゃん天国など、地域の居場所として大きな機能を果たすと思うため、です。
>私の質問(福祉保健委員会):保健所内「母乳相談室」はマッサージの施術も検討しているかを尋ねました。緊急性が高い「新生児子育ての困りごと」であり、孤育ての母にとっては重要な問題です。対応拠点がより近くにあることが大切だと思っています。→回答「現在、聖路加助産院マタニティケアホームで対応しているので活用してほしい」
https://www.city.chuo.lg.jp/kosodate/syusan/_user_fkensu_time_20170323.html

【4】プレミアム付商品券の発行について
10月からの消費税増税、また幼児教育無償化の実施に伴い、0~2歳のお子様がいるご家庭に、商品券を買うための「購入引換券を送付する」というものです。引換券を持参して「購入する」ので、商品券が届くのではない点にご注意ください。対象者には「引換券」を9月中旬以降に送付します。
https://www.city.chuo.lg.jp/kenko/premiumsyouhinken/puremiumtsuki-shohinken.html

>補足:「非課税者」も対象であり、この対象者確認フローがわかりにくさと予算負担を増大させています。国政となりますが、私も疑問視しています。

学童とプレディについて

いよいよ本年度の「保活座談会」を7月に開催しますが、よく話題となる「学童とプレディの違い」について、改めてまとめてお伝えしておこうと思います。
※私の考えについてはコチラ のブログでお伝えしました。

その前に、今月の委員会にて、嬉しい答弁がありましたので報告します!

今年の春、学童の基準緩和に伴い、学童が1人の職員による運営も可能となってしまいました。児童虐待やわいせつ行為など、児童の安全が問われ続けている場でもあり、私はこの法改正には賛同できませんでした。参考記事

中央区は質問への答弁として「現在のところ、学童の職員を1名にする予定はない」とはっきりと述べました。ひとつの安心と共に、ここでみなさまにお伝えします。

さて、本題に戻ります。

【学童・プレディ共通】
・利用時間→下校時~最大19:30まで(夏休み等は午前8時30分から)
・費用→午後6時までは無料。午後6時以降は1回400円、月の利用料最大5,000円。
    
学童
児童館にて実施→児童館施設が利用可
・利用審査(選考がある)→待機もある(「申請状況」未決定者数が待機数)
・出欠確認あり
・傷害・賠償責任保険料やおやつ代、会費等が必要

プレディ
小学校の施設内にて実施→校庭や一部の教室等利用が可能
・学習支援体制強化(本年度より)基本的に宿題に取り組む時間とする。
17時以降の利用には「勤務証明書」が必要
・当日利用(ドタ参)または事前連絡(出欠確認あり)が選べる(後者は就労証明要)
・おやつは基本的に17時以降の提供
・傷害・賠償責任保険料の600円(毎年度)と各種教室の材料費などの実費は保護者負担

娘の同級生ママからご質問いただいたので「中高生の児童館利用」について、合わせてお伝えしますね。

■以下5つの児童館では、中学生以上(18歳まで)は20時まで利用・滞在が可能です。
新川、堀留町、佃、勝どき、晴海

「学童待機」の解消はもちろんですが、子ども達の安心が問われる今。
できる限り、小学校からの移動なく、安心して伸びやかに過ごせる環境整備に努めたいと思っています。

妊婦健診から産後ケアと母乳マッサージについて

聖路加助産院マタニティケアホームにて、中央区在住の方を対象に、2019年8月予定日以降の方から妊婦健診が再開されました。本当に良かった。私は3人目の健診~出産、産後とこちらにお世話になりましたが、本当に居心地がよくて温もりにあふれた場で、通うのも心待ちにしていました。妊婦健診、長時間待つことも多く、身体も厳しい状況で、ぎっしり並んだ直立のイスで待つのは本当に苦痛なことと思います。

聖路加助産院マタニティケアホーム http://hospital.luke.ac.jp/guide/maternity/mch.html

この施設は中央区の「産後ケア(宿泊型)事業」施設でもあります。 https://www.city.chuo.lg.jp/kosodate/syusan/_user_fkensu_time_20170323.html

辛いと感じた方は、ぜひ利用を検討していただきたいと思います。一人で抱え込んだり、無理をせずに、身を任せて休める環境は希少なものですし、その時期だけのものでもあります。振り返ると、かけがえのない新生児との時間でもあります。

産後うつによると考えられる自殺が、妊産婦の死因トップであり、このサポートは必要不可欠です。母と子の命をみんなで救わなければならない。その観点において、この施設の意義は非常に大きいものです。実際、産後1ヶ月は本当に辛い。うつを体験した方も、その時期を挙げる方が多くいらっしゃいます。

↓以下は、このページをご覧いただいている授乳中のママへ、プラスinfo↓

中央区内で母乳マッサージが受けられる(らしい)施設を探してみました。上記の聖路加助産院のほか、以下のサイトを見つけました。利用については、詳細お確かめください。

つきしま助産院(佃/オケタニ) http://tsukishima-jyosanin.jimdo.com/

月島アイル女性クリニック http://i-ll-clinic.com/breast_milk.html

かなえ母乳相談処(築地/堤式) http://www.kanae-mother.com/

私の母乳育児はマッサージに何度も命拾いをしてもらうような、乳腺炎による高熱との闘いでもありました。腕が上がらず、片手でしか抱っこできなくなりました。「良くなるかも」の一歩前に、ぜひ相談してみてください。

どうかみなさまが安心して、健やかに過ごせますように。

モンテッソーリ・レッジョエミリアについて聞く

#gaiax community 主催、# Nagatacho GRiD にて「誘導しない子育て~子どもを信じるとは~」のサテライト会場に参加してきました。なんと同時に300名もの方が参加するビッグイベントになっていました。メインとサテライト会場の他、オンラインの参加者が全国に多数となったとのことです。関心の高さを実感します。今回、世界中から注目される幼児教育レッジョエミリア・アプローチの研究者、#島村 華子 さんに子どもを信じる子育てについてお話していただきました。Google・Facebook・Amazon創業者を輩出したモンテッソーリ教育が注目されて久しくなります。私の周りでも、そのお教室に通っている方もいますし、区内のご相談でも「区立幼稚園や認可保育園で取り入れているところはあるか、それはどうしたら知ることができるか」と言った声が多く寄せられています。私自身は、カナダの友人宅を訪問した際に、その州の幼稚園は、パブリックでもモンテッソーリとそれ以外と、2つから選べると聞いて驚き、関心を高めました。

中継会場の司会は #石川 貴志 さん!
現場で会ってビックリ

さて、今回はより詳しいセミナー&ワークショップ形式で、具体的に腑に落ちました。これまで「子どもの意思を尊重する」と聞いていましたが、実現へのステップが捉えられない状況もいくつか浮かんでいました。しかし、その答えは「子どもに対するイメージ」の設定と「無条件な子育て」の実現と実行の積み重ねによるものなのだとわかりました。一方で「褒美と罰は表裏一体」でエンドレス、与え続ける子育てとなり、自立できないということ。最後に、

「誰のための子育てなのか」

これは、つい最近も、学校教育について話し合う場で、これを忘れてはならないと共有したところでした。通っている保育園や幼稚園、学校で疑問に思うことがあると思いますが、その際に最も大切なのがこの視点だと思っています。「子育て」の部分は、保育や教育など、あらゆる言葉に入れ替えられ、通じます。

では、モンテッソーリ・スクール以外の現場では、どう取り入れることができるのか。行政としては、将来的にどう考え、捉えるか。もっと学んでいきたいと思います。

忘れてはならない、こどもの意思、人権、意見。限られた時間や社会のルールの中で、どう活かしていくか。母として、毎日の葛藤は続きますが、もっと褒めようと心から思います。

担当委員会のご報告

本日、第1回臨時議会(全2日)を終えました。この臨時議会が初めての議会経験となりました。議場にて、礼、選挙、賛否表明など、一挙手一投足の全てが新鮮で、あらゆる気付きをいただきました。

この臨時議会では、議長、副議長の選出や担当委員会の決定がなされました。委員会は各専門分野の話し合いの場という位置づけで、本会議前後の委員会の場で理事者(行政側)から報告がなされ、担当議員より詳細の質問とそれに対する答弁(理事者)が交わされます。

議長 押田まりこ議員(自民党)、副議長 田中広一議員(公明党)が選出されました。

私、高橋まきこの担当委員会は以下となりました。
福祉保健委員会、東京オリンピック・パラリンピック対策特別委員会

福祉保健は子ども子育て会議委員や健康福祉まつり実行委員、社会福祉協議会のボランティア活動等、これまでの地域活動や日々の子育て生活において、深く関わってきた分野であり、私自身の思い入れも深くあります。たくさんのことを教えていただいた、その分野のみなさまへの恩返しも胸に、お一人おひとりの顔を思い出しながら、心を込めて活動してまいります。

オリンピック・パラリンピックは、私が言うまでもなく、東京(日本)において重要な契機です。 日本のみならず、世界のオリンピック開催地にて、その歴史に大きな影響を与えてきました。ひとつでも多くの「好機」となるよう、尽力致します。大学時代より専攻し、実務と共に遂行してきた都市政策の学びを活かすべく、私自身、もっと勉強が必要です。

いずれにせよ、微力な新人です。どうぞご指導くださいますようお願い申し上げます。

私の所属する「立憲民主党 新風会」におきましては、渡部恵子議員が企画総務委員会と築地等地域活性化対策特別委員会、梶谷優香議員が区民文教委員会と子ども子育て・高齢者対策特別委員会を担当致します。

以上、本議会の議決につきまして、一部ご報告を申し上げます。